スポンサードリンク

ブライダルコーディネーター トップ>二人の手作りアイテム > リングピロー

リングピロー

結婚式のメインイベントである指輪交換の際に結婚指輪を置いておくクッション
のことをリングピローといいます。これも手作り品でこだわる人が増えています。


結婚指輪を置いておくリングピローは手作りキットなどが多数用意されているので
テディーベアの腕にはめるタイプのものや、ボックス、ガラス、ワイヤーアートなど
さまざまな形のリングピローをアレンジできるようになっています。


結婚の証として指輪の交換が行われるようになったのは古代ローマ帝国時代から
だといわれています。


当時の指輪は鉄製であり、その理由はいまでも「鉄の結束」という表現が使われて
いるように「鉄」は信頼の結びつきを表すのにふさわしい金属とされていたのです。


そして指輪は「輪=エンドレス=永遠」を象徴するものだったので鉄のように固い
結束を永遠にとの意味が結婚指輪には込められているわけです。


またリングピローに使われることの多いリボンも、リボンで結ぶ(=紐で結ぶ)と
いう行為は結束をあらわすシンボルであり、結婚することを意味します。


この指輪の象徴するもの、リボンが象徴するものがうまく合わさり、儀式化された
のが結婚式の指輪交換であり、リングピローには結束のシンボルであるリボンが
使われ、永遠の愛の誓いの印として指輪が結ばれるようになったのです。


結婚指輪(婚約指輪)を左手の薬指にはめたのは古代エジプト人だといわれており、
左手の薬指の静脈には愛の血管と呼ばれ、直接心臓につながっていると信じられて
いたことに由来します。


(他にも左手薬指は日常生活であまり使わないため指輪が傷つかないからという
実用的な面から見た理由もあります。)


リングピローにまつわる言い伝えをもうひとつ紹介すると、結婚式で使ったリング
ピローを子供が生まれた時に枕として利用すると、子供が病気にかかることなく
順調に成長するというものがあります。

スポンサードリンク

Copyright 2006〜now ブライダルコーディネーター All Rights Reserved.