スポンサードリンク

ブライダルコーディネーター トップ>ブライダル業界・就職、転職 > ブライダル業界への就職(新卒)

ブライダル業界への就職(新卒)

ブライダル業界へ就職を希望する方は女性を中心に毎年増えているといいます。


新卒の学生にとって人気業界になったブライダル業界に就職するためには、業界
独特の就職事情や採用計画、採用基準、求人の探し方などを調べてから行動する
必要があります。


■ ブライダル業界の就職事情


ブライダル業界の就職事情をあげると、まず採用数が少ないということがあります。


業界によっては新卒採用何百人、何千人なんてところもありますが、ブライダル業界
に限っていえば、毎年必ず新卒を採用している企業自体少ないうえ、採用していたと
しても数人から数十人で、新卒大量採用ということはまずありません。


定期的に新卒を採用する企業は限られ、採用枠も少ないというブライダル業界ですが、
人気はあるので採用試験に応募してくる新卒者の数は相当数います。


となると自然と採用基準は厳しくなるので競争はかなり激しいものであると考えても
いいと思います。


○ ブライダル業界の情報の少なさ


ブライダル業界の就職に関しては、業界情報が少ないということがあります。


ブライダル業界は大企業といわれる規模の会社は少なく、ほとんどが中小企業に
分類される規模の会社が大多数を占めます。


それゆえ採用数も少ないことにもつながるのですが、採用数がそれほどいらない
ということは会社側もそれほど大々的に求人活動を行わないということです。


実際ブライダル業界に就職を希望する学生の多くはこの情報の少なさに戸惑う
ことが非常に多いはずです。


業界によっては頼んでもいないのに会社側から情報を送ってくることもあるなかで、
ブライダル業界は自分から積極的にブライダル業界セミナーや結婚情報誌を調べ
あげアクションを起こさなければいけません。


実際に足を動かして企業に手紙を出したり、採用状況を聞きにいくなどして情報
を集める必要がでてきます。


こうした行動力は実際にブライダルコーディネーターになってから非常に必要に
なります。あなたの行動力が企業に気に入ってもらえればそのまま就職できたり
するかもしれません。

スポンサードリンク

Copyright 2006〜now ブライダルコーディネーター All Rights Reserved.