スポンサードリンク

ブライダルコーディネーター トップ>ブライダルコーディネータ実践力 > 接客・マナー:ブライダルコーディネータ編

接客・マナー:ブライダルコーディネータ編

接客・サービス業でもあるブライダルコーディネーターにおいて第一印象がすべて
といっても過言ではありません。人の第一印象は6秒〜9秒の間に決まるといわれ
ており、この数秒間の間に自分をお客様にアピールしなければいけません。


結婚は非常にお金がかかるうえ、一生に一度のやり直しが効かないイベントです。


そのイベントのプロデュースを任せようというのですから、プロデュース会社、そして
そこで働くブライダルコーディネーターを含めたスタッフを見る目が厳しくなるのは
当然のことです。


お客様のこのような警戒心を解き、結婚について心を開いて話をしてもらいながら
信頼までしてもらうには会社の最前線でお客と接することになるブライダルコーディ
ネーターの印象・接客がすべてだといってもおかしくないでしょう。


■ お客の警戒心をとき、信頼を得る接客・マナーとは?


接客・サービス業においては、商品のクレームよりも接客態度のクレームのほうが
多いというのが一般的です。


「自分が大切に扱われているか?」というのがサービス業においてお客様が特に
気にするポイントなので、この部分をないがしろにした接客はクレームの対象に
なってしまいま。


接客やマナーは難解なテクニックや知識がいるような難しいものではありません。
いたってシンプルなものですから、毎日の心掛けだけで十分です。


■ 毎日確認すべき接客マナー


○ 身だしなみ


第一印象は外観で決まります。髪型や服装・姿勢・表情など、その人の身だし
なみによって人格や意欲、誠意まで評価・判断されていまします。


ポイントは『清潔感』『機能的』『TPO』を常に心掛けることです。


*TPO・・・Time(時間)、Place(場所)、Occasion(場合)の頭文字
       をとって、「時と場所、場合にあった方法」という意味です。


○ 挨 拶


挨拶は人のつながりを大事にするために、敬意、好意、感謝の気持ちを表し、
協力・理解の意思を相手に伝わるように形で表したものです。


積極的に明るく元気に挨拶をすることで“心”が、相手に伝わり信頼関係を築く
第一歩になります。


○ 言葉づかい(電話対応、接客対応など)


親しい人間関係を築くためにはお互いが理解し合うことが大切ですが、その理解
は“ことば”を媒介し成り立ちます。


言葉を交し合うことでお互いを知り、意志や感情の交流をはかるわけです。


相手がお客様という立場上、敬う言葉=敬語を使うことは必須ですが、時として、
この敬語がお互いの心に距離をおいてしまうことがあります。


なあなあの関係になってしまうのは問題ですが、ある程度くだけた表現・言葉を
使ったほうが相手とのコミュニケーションがうまく運ぶということはあります。


○ 態度・立ち振る舞い 


姿勢や行動など、相手に見せる態度は重要です。正しい姿勢やキビキビした態度
は仕事を進めるうえでの基本です。


○ 表情・笑顔
 

接客で何より大切なのがこの笑顔です。顔の表情や視線によって、相手の受ける
印象は180度異なります。


笑顔の効果として、相手に対して安心感・信頼感・明るいイメージなどを与える
うえ自分自身にとっても笑顔でいるということは精神衛生上好ましいことです。

スポンサードリンク

Copyright 2006〜now ブライダルコーディネーター All Rights Reserved.