スポンサードリンク

ブライダルコーディネーター トップ>ブライダルコーディネータ基礎知識 > 和装について

和装について

結婚式の衣装というとウエディングドレスを思い浮かべることのほうが多いですが、
日本ならではの和の装い=和装というのも味わい深いものがあります。


日本ならではの花嫁衣裳である着物は普段着慣れているものではないために、
似合うかどうか判断がつきにくいというのがあります。


まずはスタイリストのアドバイスを受けながら色々と和装を試着して試していくのが
セオリーではないでしょうか。


■ 和装のスタイル


○ 白無垢

和装の花嫁姿で最も格式が高いもので、すべて白で統一します。髪は文金高島田
で綿帽子を被るのが正式なかたちとされています。


○ 色打掛

色鮮やかな吉祥紋様が入った華やかな雰囲気の打掛。もとは武家の女性が礼装
が婚礼衣装に変化したもので掛け下、帯も華やかな色が好まれます。


○ 振袖

袖の長い着物のことを言い、袖丈の長さにより大振袖・中振袖・小振袖に分けられ
ます。最近は黒地の大振袖である黒引き振袖が人気で、振袖のなかでも最も格式
が高いものです。


■ 和装の小物


○ かんざし

披露宴で髪に飾ります。素材は鼈甲、象牙、珊瑚など


○ 角隠し

色打掛に合わせて頭に被ります。


○ 綿帽子

白無垢に合わせて頭全体を覆います。


○ 懐剣

錦袋にはいっており、帯の左側に差して飾り紐を垂らす。


○ はこせこ

鏡や櫛などを入れた長方形の袋物。胸元に入れる


○ 末広

扇子のこと。扇面は金か銀、房飾りは白無垢は当然白、色打掛は白か赤


和装もウエディングドレスと同様にレンタルがほとんどですが、直接肌をつける
肌襦袢、足袋、裾よけ、ショーツは自前で用意することになります。


また、着物を試着したまま動いて、動きやすさを確認するのも大切です。着物姿を
客観的に見るにはさまざまな角度から写真を撮っておいて見比べるというのも一つ
の方法になります。

スポンサードリンク

Copyright 2006〜now ブライダルコーディネーター All Rights Reserved.