スポンサードリンク

ブライダルコーディネーター トップ>ブライダルコーディネータ基礎知識 > ウエディングドレス

ウエディングドレス

ウエディングドレスを着れるのは結婚式だけなので女性にとっては憧れの衣装と
いえるでしょう。一生に一度(?)しか着れないウエディングドレスなので、慎重に
選ぶ必要があります。

ウエディングドレスを選ぶポイントは、「自分の着たいもの」もそうですが、やはり
自分に似合っているかが最も重要なポイントになります。


結婚情報誌やカタログ、ドレスショップで展示されているウエディングドレスを見て
「是非自分もこれを」と思ってしまう人が多いのですが、ウエディングドレスという物
は基本的に日本人の体型や雰囲気に合わせて作られたものでないので、似合うか
どうかは実際に着てみないとわからない部分が多くあります。


■ ウエディングドレスの選び方


○ ラインを選ぶ

ウエディングドレスを選ぶ大きなポイントになる全体のラインですが、体型や
会場の広さ、通路と椅子の間隔なども考慮してドレスのラインを選びます。


・Aライン

アルファベットのAの形に似たシルエットで高めのウエスト位置から裾にかけて
ナチュラルに広がり、スタイルよく見せてくれるます。

・ベルライン

スカート部分がベルのようにふわっと広がったデザインで可憐なイメージを
演出できます。

・プリンセスライン

上半身は体にそったラインでウエストから裾までゆったりと広がるデザイン。
英国皇太子妃が好んで着たことでもわかるように上品なシルエットになります。

・マーメイドライン

人形の尾のようにひざ下から裾の部分が広がったデザインで体にピッタリした
シルエットになるのでスタイルに自信があるにはおすすめです。

・スレンダーライン

体の線に沿った細身のシルエットが特徴で、腰からひざのラインをしぼった
デザイン。裾も狭く、大人っぽい雰囲気を出せます。

・エンパイアライン

スレンダーラインとAラインの中間的なデザインで体形をカバーできるラインです。


○ ディテールと素材

ラインの次はネックラインやスリーブなどの細かい部分と素材です。素材は結婚式の
季節や長時間の着用を考慮するとこだわるポイントです。


□ デコルト(首と胸元のデザイン=ネックライン)

・Vカット

縦のラインを強調したデザイン、首の太さや短さをカバーします。

・ハートカット

胸元にハート形ができるかわいらしいデザインで首を長く見せます。

・スクエアカット

肩から胸元へスクエア(四角形)ができるシャープなデザインで 顔を小さく、
首も長くすっきりとした印象に見せます。

・ホールダーネック

前身頃から続いたストラップやバンドを首にまわしたデザインで肩や腕、背中の
ラインを強調します。

・ビスチェ

肩紐のないキャミソール型のトップのことで胸元と背中が広く開いたデザインで
肩のラインを強調します。

・スタンド

首元を立ち襟で覆うデザインでゴージャスな雰囲気を出します。

・ラウンド

首の付け根に沿って丸くカットされたデザインで、最も基本のネックラインの
形でどんな体型の人にでも似合います。

・オブショルダー

両肩を出し、大きく開いたデザインで鎖骨をキレイにみせて華奢なイメージを
演出します。


□ スリーブのデザイン(袖のデザイン)

・ロングスリープ

手首まであるデザインで二の腕に自信がないなど腕をだしたく人向けです。

・アメリカン

腕の美しさを強調した袖ぐりが大きく開いたデザインです。

・フレンチ

袖つけの切り替えがない、ごく短い袖のデザインで清楚でエレガントなイメージです。

・パフ

袖がふわっと丸くボリュームがあるデザインでキュートな感じが演出できます。

・パコダ

袖の上部は細めで腕にぴったりしていて、ひじの下あたりから袖先に向かって
広がっていく袖のデザインで優美でエレガンスな雰囲気が演出できます。

・ノースリーブ

袖がないデザインで可憐なイメージを演出します。


□ ウエディングドレスの素材

・シルク

上品な光沢を放つ天然素材の布地で高級感にあふれ存在感は抜群です。

・シャンタン

横糸が玉糸のため、生地の表面に不規則な横すじの地模様がでるのが特徴です。
素材は軽く、クラシカルな気品を醸し出します。

・タフタ

独特のツヤがあり、細いうねのあるしわになりにくいのが特徴で縦横糸の配色
によって独特の発色が生じ、ゴージャスな雰囲気が出ます。

・チュール

張りのある目の細かいレースのことで、重ねて使うとボリュームがでます。

・ジョーゼット

光沢が控えめでやわらかい触り心地とほどよい重みがあります。

・オーガンジー

透明感じと柔らかくはりがあるのが特徴でさらりとした質感があります。

・サテン

美しい光沢となめらかな手触りでやや厚めなものが多いです。


以上がウエディングドレスを選ぶ際に見て欲しいデザイン面でのポイントです。


ウエディングドレスのデザインについて詳しく書こうと思うとそれこそ1サイト
できてしまうのでより詳細に知りたい方は他のウエディングドレス関連の専門
サイトを参考にしてみてください。


ウエディングドレスを選ぶ際に気をつけるポイントを他にもあげると、自分の
体のサイズにあったものを選ぶという点でしょうか。


細身に見せたいあまりにムリをして小さめのサイズのウエディングドレスを選んだ
結果、体が強く締め付けられ気分が悪くなって新婦退場という最悪の事態にもなり
かねませんので注意してください。


またウエディングドレスを決めてから結婚式まで日がありますので、太ったり、
痩せたりしないように体型維持を心がけるのも大切なポイントです。

スポンサードリンク

Copyright 2006〜now ブライダルコーディネーター All Rights Reserved.