スポンサードリンク

ブライダルコーディネーター トップ>ブライダルコーディネータ基礎知識 > 六輝と結納・結婚式の日取り

六輝と結納・結婚式の日取り

結納や結婚式などの目出たい行事の日取りを決める際に必ず「大安」「仏滅」と
いった言葉が出てきますが、この「大安」「仏滅」というものは「六輝(六曜)」といい、
それに基づいて、その日の吉凶が占われることが多いです。


冠婚葬祭の日取りを決める上で欠かせない「六輝(六曜)」ですが、これは中国の
陰陽五行説に由来する吉凶を定めるもととなる6つの日のことを指します。


六輝は、もともと六曜と呼ばれていましたが、明治から現在の七曜(月〜日)が
利用されるようになり、七曜と区別するために六輝と呼ばれるようになりました。


■ 六輝の読み方とその意味


○ 大安(たいあん)

一日中、吉。大いに安しの意味。祝い事のみならず万事に良いとされる大吉日。


○ 友引(ともびき)

午前中と夕方は吉、正午のみ凶。凶事が友に及ぶという意味。「友を引く」
として結婚式には喜ばれる。

○ 先勝(さきがち、せんしょう)

午前中は吉、午後は凶。先んずれば勝つという意味。急ぐことが吉とされる日。
祝い事は午前中から。


○ 先負(さきまけ、せんぷ)

午前中は凶、午後は吉。先んずれば負けるという意味。何ごとも控えめにする
ことが吉。祝い事は正午以降から。

○ 赤口(しゃっこう)

正午のみ吉。午前・午後は凶。 祝い事には大凶とされ、「赤」から火や血の
連想で、火の元や怪我に注意する日。


○ 仏滅(ぶつめつ)

すべて凶。仏も滅するようは最悪の日という意味。祝い事には不適とされる。


最近の冠婚葬祭はそれほど六輝にこだわることもなくなったといわれますが、
それでもやはり吉日である「大安」「友引」には、結納や結婚式は集中して
いるのが現状です。

スポンサードリンク

Copyright 2006〜now ブライダルコーディネーター All Rights Reserved.