スポンサードリンク

ブライダルコーディネーター トップ>ブライダルコーディネータ基礎知識2 > パーソナルカラー分析

パーソナルカラー分析

「パーソナルカラー分析」普段あまり聞きなれない言葉ではありますが、色彩と
ファッションの勉強を重ねていけば必ず耳にするであろう言葉です。


パーソナルカラーとはとどのつまり「自分に合った色」ということになります。


ファッション誌のカタログで見たものや友人などが着ていた服や口紅の色がいいな
と思って、自分も試してみたけどなんか印象が違うと思うときは大抵の場合、色が
あっていません。


同じ黒髪・黒目の日本人同士でもよくみると髪の色、瞳の色が一人一人違うため、
生まれつき持っている色の違いは、似合う色にも影響するのです。


こうした一人一人が持つ独自の色に合わせたコーディネートをするためにも、その人
にとってのパーソナルカラーを見つけ出す必要があるわけです。


パーソナルカラーに合わせて衣装・メイク・ヘアカラーを変えるとまるで別人かの
ように肌の色ツヤがよく見え、全体にイキイキとした感じがでるので、人によっては
生まれ変わったかのように変身できることもあります。


■ パーソナルカラー分析のやり方


パーソナルカラー分析では、カラードレープとよばれる布をあて、顔色の変化を
確かめながら行います。


肌の透明感、瞳の色、髪ツヤが最も映えてみえるカラーグループを見つけるのですが
カラーグループというのはスプリング、サマー、オータム、ウィンターの4シーズンあり、
それぞれの季節は色の持つ色相・明度・彩度の特徴で分類されています。


○ カラーグループの特徴


・スプリング・・・ 明るいクリアカラーでキュート。鮮やかな色のグループです。

・サマー・・・ 涼しげでソフトなパステルカラー、明るい色のグループです

・オータム・・・深みのある濁色系でシックで落ち着いたのある色のグループです。

・ウィンター・・・ コントラストを効かせた配色で都会的でモダンなイメージです。


パーソナルカラー分析を基にに最も似合うカラーグループを決定したあとは衣装の
色以外にもアクセサリー、ジュエリーなどの小物についてもイメージに合う配色や
デザインなどのファッションアドバイス、似合うメイクの色や使用法、髪の色などの
メイクアドバイスを行っていきます。


ブライダルコーディネーターはこうした色彩の知識もある程度知っておいたほうが
スタイリストやメイクアップアーティストとのコミュニケーションが円滑に進みますので、
幅広い知識が必要とされます。

スポンサードリンク

Copyright 2006〜now ブライダルコーディネーター All Rights Reserved.