スポンサードリンク

ブライダルコーディネーター トップ>ブライダルコーディネータ基礎知識2 > 結婚披露宴のBGM

結婚披露宴のBGM

結婚披露宴の欠かせない演出の一つとして音楽、つまりBGMがあり、雰囲気
やムードを出すためにも結婚披露宴のBGMには凝りたいものです。


BGMというのは Back Ground Music の略称であり、環境のなかのひとつの要素
として流されている自然と耳に入ってくるような音楽のことを指します。


結婚披露宴にBGMを流すことによって緊張した雰囲気を和ませることができたり、
雑音の遮断、食欲の増進、結婚披露宴の演出と組み合わせるとゲストにそのシーン
を強く印象づけられるなどの効果が期待できます。


結婚披露宴のBGMを決める際のポイントは、結婚披露宴のテーマやコンセプトに
あったものを選ぶということです。


テーマやコンセプトにロックが合うなら当然ロックがいいだろうし、クラッシックも
同様です。「季節」「色」をイメージさせる曲で統一するのもよくある方法です。


ただし、同じジャンルの曲ばかり流すと単調になりますので、結婚披露宴の場面
ごとに適したジャンルの音楽を流すことも頭の片隅に置いておく事が必要になるか
と思います。


■ 結婚披露宴シーン別BGMの選曲のポイント


○ 迎 賓

ゲスト同士の会話や挨拶を邪魔しないような耳障りにならない落ち着いた雰囲気
の曲や場が和む静かでやさしい曲を心掛けたいです。


○ 新郎新婦入場

披露宴のオープニング曲は華やかだけれど品のある曲が望ましいです。
曲数は短いものでなければ1曲5分程度のもので十分です。


花嫁の衣装や会場の広さを考慮してドアオープンからテーブルまでの距離や
二人の歩調に合わせた曲を選びます。


○ 乾 杯

明るくポップな曲を選曲します。


○ 食事歓談

歓談というシーンだけに落ち着いたおしゃれな曲を選ぶのが一般的です。明るい
曲を選曲してにぎやかなムードを出すというのも一興です。

○ ケーキ入刀

入刀の瞬間に盛り上がるパワフルで派手な曲を選びます。


○ テーブルサービス

楽しい気分になるアップテンポ、スローテンポの曲を効果的に使います。
アットホームな雰囲気をだせる曲を選曲するといいです。

○ 両親へのプレゼント

披露宴のクライマックスは心に染み入る美しいメロディーや感動的なバラードが
定番です。両親との思い出の曲や両親が好きな曲を選曲して涙を誘います。


○ 新郎新婦退場

二人の門出を祝う壮大な曲、明るく元気な選曲など二人がイメージする「新生活」
をテーマに幸せな未来を予感させる希望に満ちあふれた曲を選びます。


○ 送 賓

披露宴のエピローグ。感動の余韻を残した静かな曲、または打って変わってアップ
テンポの元気な曲で退場を促すというのもあります。


どんな場面でBGMが必要になるのかは、結婚披露宴の数だけ違いがあるという
のが事実です。


だいたい30〜40曲はBGMとして必要になるので、シーン毎に何曲か候補曲を
決めていちばんふさわしいと思われる曲をリストアップしていきます。

スポンサードリンク

Copyright 2006〜now ブライダルコーディネーター All Rights Reserved.