スポンサードリンク

ブライダルコーディネーター トップ>結婚に関わるマナーについて > 結婚式のゲストの服装のマナー

結婚式のゲストの服装のマナー

結婚式、披露宴にゲストとして招かれた際の服装には結構気を使うものです。
「カジュアルな服装で」と招待された場合でも、そのカジュアルの線引きの判断が
つきにくいのが普通ですよね。


結婚式にゲストとして招かれた場合の服装は、男性の場合、昼ならモーニング、
夜ならタキシードが正式な服装となります。


略式礼服であれば、紺か黒のスーツに白いワイシャツ、シルバーグレーかそれに
準ずる色柄のタイ、靴下と靴は黒が良いです。


女性の場合は、花嫁のシンボルカラーである純白と喪の色である黒を避けるのが
基本とされますが、黒の服は今では普通に結婚式でも着られています。


教会での結婚式に参加する場合は教会によって、女性の肌の露出を心良く思わない
ところもありますのでミニスカートや、背中や胸元が大きく開いたセクシーなドレスは
避けるのが無難でしょう。


和装の場合、既婚者は正装の留め袖、未婚女性は振袖というのが一般的マナーと
なっています。


披露宴からの参加だと幾分派手な衣装で来られる方も多いのですが、ここでも
新郎新婦、とくに新婦より目立つような格好をするのはマナー違反です。


新郎新婦の友人を見て新郎新婦の人格が疑われるということにもなりかねない
うえ、慣習やしきたりを気にするゲストが他にいるとも限りませんので余計な誤解
を与えないように服装や言動を慎むのが最低限のマナーでしょう。


結婚式の二次会での服装は披露宴ほどフォーマルにする必要はありませんが、
最低限男性ならスーツ、女性ならワンピースやスーツを身につけていきます。


女性は、ここでも「純白」のドレスは避けます。新婦よりも目立たない服装を心がけ
るようにしましょう。

スポンサードリンク

Copyright 2006〜now ブライダルコーディネーター All Rights Reserved.