スポンサードリンク

ブライダルコーディネーター トップ>結婚に関わるマナーについて > 結婚式のスピーチに関するマナー

結婚式のスピーチに関するマナー

結婚披露宴では欠かせないのが祝辞とスピーチです。2つの違いはというと特に
ありませんが祝辞はフォーマルな感じ、スピーチはカジュアルな感じがするぐらい
でしょうか。


祝辞とスピーチは基本的には同じ意味で新郎新婦へ向けた応援と励ましの言葉
ということになります。


上司から部下への祝辞・スピーチは、人生の先輩として結婚生活への教訓など、
仕事の同僚や友人は暴露話、ユーモアのある話などが定番です。


新郎新婦の人となりがわかるようなエピソードを含んだ話であれば他のゲストにも
楽しんでもらえるはずです。


長時間の祝辞・スピーチは新郎新婦をはじめ、他のゲストに対してストレスにしか
なりませんので、時間は3分くらいを目安にするようにしましょう。


祝辞・スピーチで気をつけたいのはの時間や忌み言葉といわれています。


「切れる」「分かれる」「戻る」「去る」などの忌みの言葉や重ね言葉の「重ね重ね」
「またまた」「いろいろ」などは控えるようにします。


以上が実際に祝辞・スピーチをする際の注意事項・マナーになりますが、それ以前
に祝辞・スピーチの依頼を受けた際のマナーというものもあります。


披露宴の祝辞・スピーチの依頼というのは電話や招待状とは別の付箋などで受ける
のが普通ですが、人前で話すのが苦手で自信がないという場合は、できるだけ早い
段階で断りの返事を伝える必要があります。


会社の部下に祝辞・スピーチを頼まれた場合は会社の役職と組織を十分に考慮して
自分より上司が控えているときは、上司に直接了解を取るなどの配慮が必要です。

スポンサードリンク

Copyright 2006〜now ブライダルコーディネーター All Rights Reserved.