スポンサードリンク

ブライダルコーディネーター トップ>結婚式5大スタイル > 神前式結婚式

神前式結婚式

神前式結婚式とは斉主が司るなか神前で三三九度の杯を交わし、玉串奉奠
(たまぐしほうてん)などを行うことにより神々に結婚を誓うスタイルの結婚式の
ことです。


神前式結婚式は神社で行うことが一般的ですが、今ではホテルや一般式場
公共施設などほとんどのところで神前式結婚式ができるようになっています。


神前結婚式の進行(式場によっては多少の違いがあります。


1.結婚式入場  

巫女の先導をうけ、挙式場へは、新郎新婦、媒酌人、新郎側の両親、新婦側の
両親、新郎側の親族、新婦側の親族と続き、最後に斎主が入場します。


入場は、新郎側が進行方向に向かって右側に並びます。祭壇に向かって右側が
新郎、左側が新婦の親族が席にお互い向かい合うように着きます。


このとき、新郎新婦に血縁関係が近い順に上座から座ります。


新郎新婦は、挙式場中央の前座に、媒酌人は中央後座に着きます。


2.修祓の儀 (しゅうばつのぎ) 

進行係の典儀が挙式の開会の宣言をし、斎主のあいさつが終わると修祓の
儀式です。


修祓とは、身を清めるための儀式で神座、巫女、新郎新婦、親族の順に斎主が
幣帛をもっておはらいをします。


一同起立したまま軽く頭をたれ、修祓を受けた後、 祭壇に向かって一拝します。


3.祝詞奏上 (のりとそうじょう)

斎主が祭壇に向かい、新郎新婦の結婚の報告がされます。報告の後、末永い
幸福を祈願して祝詞を奏上します。一同は起立してこれを聞きます。


4.三献の儀 (さんこんのぎ)

三三九度の杯の儀式です。新郎新婦が大中小の杯で交互に九杯の御神酒を
頂きます。


巫女が注いだ杯を次の順序で交わします。

小杯・・・新郎→新婦→新郎  
中杯・・・新婦→新郎→新婦 
大杯・・・新郎→新婦→新郎

杯は両手でもち、最初の二口は杯に口をつけるだけで三口目で飲み干します。
お酒を飲めない場合は御神酒のかわりに水、または口をつけるだけです。


5.指輪交換

神前式結婚式では、本来指輪の交換はしませんが、今では指輪の交換も行う
ことがほとんどなので、その場合は、指輪を用意しておき、巫女に持って
きてもらいます。


最初に新郎が新婦の左手を取り、薬指にはめ、同様に新婦も新郎に行います。


6.誓詞奏上 (せいしそうじょう)

新郎新婦は起立し祭壇に進み一拝します。新郎が夫婦を代表して誓いの書を
読みあげ最後に自分の姓名を名のり、新婦がそれに続きます。


読み終えた誓詞をたたみ、玉串案(玉串を捧げる台)に供え、新郎新婦は、
二拝二拍手一拝します。


7.玉串奉奠(たまぐしほうてん)

新郎新婦は、巫女から玉串を受け取り玉串案に進みます。枝先が前方を向く
ように玉串を供えたら一歩下がり、二拝二拍手一拝し席に戻ります。


新郎新婦の玉串奉奠が終わると媒酌人の玉串奉奠が続いて行われます。

(玉串奉奠後に指輪の交換を行う場合もあります。)


8.親族杯の儀 (しんぞくさかずきのぎ)

参列者の前に用意された杯に、巫女が新郎側、新婦側に分かれ、上座から順に
御神酒を注いでいきます。全員に注がれたら一同起立して、そろって三口目に
飲み干して親族の固めとします。


9.斎主あいさつ

斎主が、神前に進み一同起立します。神前に向かい、斎主が一拝したあと一同
も一拝し新郎新婦に対しての祝福のあいさつをします。


10.結婚式退場

斎主が退場した後、新郎新婦から順番に媒酌人、親族の順に退場します。


一口メモ

神前式結婚式の特徴はなんといっても日本の結婚式らしい厳粛な雰囲気に満ち
ていることで、伝統的なこの神前結婚式を選ぶカップルも多くいます。


神前式結婚式は両親や兄弟姉妹、親族だけが参列できるものでしたが、最近で
は会場の後方に席を設け、友人も参列できる式場も増えています。

スポンサードリンク

Copyright 2006〜now ブライダルコーディネーター All Rights Reserved.