スポンサードリンク

ブライダルコーディネーター トップ>結婚式5大スタイル > キリスト教式結婚式

キリスト教式結婚式

キリスト教式結婚式は最も人気のある結婚スタイルで幻想的なチャペル、讃美歌
純白のウエディングドレス、ブーケ、など雰囲気と見栄えがいいのも人気の理由
といえます。


キリスト教式結婚式は基本的に教会でおこなうものですが、現在は人気を反映
してかホテルや一般式場にもチャペルが設けられていることがほとんどです。


キリスト教式結婚式の進行(順番や内容に多少違いがあるかもしれません。


1.参列者入場

家族や親類、友人は定刻前にチャペルに入り着席して結婚式が始まるのを
待ちます。

聖壇に向かって右側が新郎側、左側が新婦側の席になります。


2.新郎新婦入場 

オルガン演奏が始まり、新郎が立会人(媒酌人)とともに入場します。
聖壇の前で新婦を待ちます。


新婦は、父親の腕に軽く手をまわした状態でバージンロードを左足から順に
ゆっくりと一歩ずつ進んできます。バージンロードが長かれば普通に歩きます。


聖壇の前まで来たら父親は新婦を新郎に引渡し、席に着きます。


3. 賛美歌

新郎新婦が揃ったところで一度起立の状態で祝福の賛美歌を合唱します。
歌詞カードが渡されるので、参列者はできるだけ歌うようにします。


4.聖書朗読・祈祷

司祭・牧師が聖書の中の結婚に関する一節を読み上げ、神に祈りを捧げます。

続いて司祭・牧師は、聖書から神の教えと結婚の意義について引用しながら
新郎新婦に祝福と励ましの言葉を送ります。


参列者一同は、着席したまま黙祷、拝聴します。


5.誓約・結婚の誓い  

新郎新婦が結婚を誓う儀式で誓約は、司祭・牧師の問いかけに答える形で
行われます。

「健やかなるときも、病めるときも・・・」
「はい、誓います。」

というあれです。


最初に新郎、続いて新婦に行われ、参列者一同は証人として立ち会います。


6.結婚指輪の交換

司祭・牧師から新郎に指輪が渡され、 新郎はこれを左手で受け取って右手に
持ち替え新婦の左手の薬指にはめます。 新婦も同様におこないます。


7.結婚宣言・賛美歌斉唱

司祭 ・牧師は、新郎新婦の手を重ねあわせ祝福の祈りを捧げます。


祈り終わると司祭・牧師は、二人の手をとき、参列者に対して二人の結婚を
宣言します。


参列者は一同起立し、賛美歌を合唱します。賛美歌合唱中に新郎新婦の順に
結婚の誓約書などに署名することもあります。


8.新郎新婦退場

新郎新婦は、結婚行進曲がオルガンで演奏されるなか、腕を組みバージンロード
を歩いて退場します。 立会人も続いて退場します。


9.参列者退場

司祭・牧師が結婚式の終了を宣言した後、参列者は順番に退場します。


一口メモ


キリスト教式結婚式を教会で行う場合、原則として新郎新婦のいずれかが
信者であることが求められます。


といってもそう堅苦しく考えることはなく、事前に礼拝を受けたり、教会主催の
「結婚講座」に出席するなどの条件付きで信者以外の人にも門戸を開く教会が
増えています。


キリスト教はカソリックとプロテスタントの二つの宗派に分けられており、
カトリックでは司祭が、プロテスタントでは牧師が式を司ります。


結婚の考え方について宗派によって違いがあるので事前に結婚式をあげる教会の
宗派や思想を調べておくとよいでしょう。
 

スポンサードリンク

Copyright 2006〜now ブライダルコーディネーター All Rights Reserved.