スポンサードリンク

ブライダルコーディネーター トップ>結婚式5大スタイル > 仏前式結婚式

仏前式結婚式

仏前式結婚式は仏教の思想に基づいて行われる結婚式のことです。仏教では、
結婚は偶然ではなく二人が生まれる前からの因縁と考えるため、二人が結婚
することを先祖の霊に報告して感謝するという形で執り行われます。


仏前式結婚式は基本的に先祖代々の墓がある菩提寺や同じ宗派の寺院で挙げます。


大きな寺院では結婚式から披露宴までおこなうことができ、宗派も問わないという
ところもありますが、ホテルや一般式場では神前式結婚式やキリスト教式結婚式に
比べるとほとんど行われていないというのが現状です。


仏前結婚式の進行(宗派によって、形式にも多少の違いがあります。


1.参列者入堂

両親と親族が係員の指示に従い着席して結婚式が始まるのを待ちます。
本尊に向かって右側に新郎側、左側に新婦側の席になります。


2.新郎新婦入堂

新郎は媒酌人に先導されて本尊に向かって石側へ、新婦は媒酌人〈夫人〉に
先導されて左側へ入ります。


3.司婚者入堂

司婚者の僧侶が雅楽の音につれて入堂し、礼盤(本尊前にある壇)にのぼります。
このとき、磐(けい)〈銅製の打楽器〉を二度叩きます。


4.敬白文朗読(けいびゃくもんろうどく)

司婚者が仏前に焼香し合唱礼拝します。このとき参列者一同も合わせて合唱
礼拝します。


続いて司婚僧が仏と先祖の霊に二人の結婚を報告する「敬白文」を読みあげます。


5.数珠(念珠)授与

新郎・新婦は媒酌人の案内で司婚者の前に進み、司婚者から新郎は白い房の
ついた数珠、新婦は赤い房の数珠を受け取ります。


数珠は左手で受け、親指以外の4指にかけて合唱します数珠は結婚式が終わる
までさげています。


6.司婚の辞

司婚僧が新郎・新婦に対して司婚の辞を奉読します。司婚僧の辞は司婚者の
問いかけに二人が答える形で終生苦楽を共にすることを仏前に誓います。
司婚者は参列者に結婚したことを宣言します。


7.新郎新婦焼香

新郎、新婦の順で焼香台の前に進み、左手に数珠を持ち、右手で香をつまんで
一回だけ香炉に入れ、合掌します。参列者一同は合掌します。

8.誓杯〈三三九度の杯

神前式結婚式の三献の儀にあたります。新郎新婦が小中大の順で杯を取り交わし、
三口で飲み干します。


9.親族杯の儀

親族固めの杯です。参列者一同は起立して配られた杯を司婚者の合図で飲み干します。


10.司婚者法話

夫婦となった二人に司婚者が祝福と励ましの言葉を述べます。新郎新婦は起立して
参列者は着席して拝聴します。


11.退堂

新郎新婦を先頭に媒酌人夫婦つづいて両家の父母、親族の順に式場を出ます。


一口メモ

仏前式結婚式を選ぶカップルはそう多くはなく仏教を信仰する人や新郎新婦の
どちらかの家が寺院に関わりのある場合に行われることが多いようです。


天台宗、臨済宗、浄土宗etc・・・仏前結婚式をあげるときは必ず宗派の確認を
忘れずに!

スポンサードリンク

Copyright 2006〜now ブライダルコーディネーター All Rights Reserved.