スポンサードリンク

ブライダルコーディネーター トップ>結婚に関わるマナーについて, 結婚式5大スタイル > 人前式結婚式

人前式結婚式

人前式結婚式は最近新しいスタイルの結婚式として浸透してきたもので神や仏
ではなく両親や親族、友人知人を立会人として結婚を誓うものです。


人前式結婚式は伝統や宗教、形式にとらわれないオリジナリティを重視する
カップルが増えてきたため注目を浴びるようになりました。


人前式結婚式では自分達の趣味やアイデアを結婚式に取り込むなどの自由な
発想を生かせるため個性豊かな結婚式を演出できることが最大のメリットです。


もちろん、お互いの宗教の問題や神様や仏様に結婚を誓うことに違和感がある
という場合にもふさわしい形式です。


■ 人前式結婚式の進行(決まった形式はないので自由にアレンジできます)


1.参列者入場

参列者が先に入場して新郎新婦を待ちます


2.新郎新婦入場

司会者のあいさつがあり、その後新郎新婦が入場します。


3.開式宣言・新郎新婦の紹介

結婚式の開式宣言があり、司会者もしくは立会人から新郎新婦の紹介があります。


4.誓約

新郎新婦が考えたオリジナルの誓いの言葉を二人で読み上げます。


5.婚姻届の署名・捺印

婚姻届に署名します。署名欄以外はあらかじめ記入しておきます。
署名が終われば立会人が参列者に婚姻届を披露します。


6.契りの杯

新郎新婦のお気に入りのお酒(ワインやシャンパンなど)でグラスを交わし
参列者も二人の結婚を祝し乾杯します。


7.指輪の交換

新郎が新婦の左手薬指に続いて新婦が新郎の左手薬指に指輪をはめます。


8.祝辞

二人の末永い幸福を願い主賓や友人知人からお祝いの言葉をもらいます。


9.退場

披露宴をどうするかにもよりますが司会者が閉式を宣言した後、新郎新婦が
退場します。


二人が退場せずにそのまま披露宴が始まるケースや披露宴会場へ移動する
場合は新郎新婦に続いて参列者も退場します。


一口メモ

人前式結婚式はこうしなければいけないという決まりがないため、それこそ
結婚式の会場から演出、進行にいたるまで自由に選ぶことができます。


しかし、覚えておきたいのは自由の幅が大きい分、手間や費用もかかりやすいと
いうことで、演出を詰め込みすぎてスムースな結婚式の進行を妨げるということ
が起こりやすいようです。


そのためメリハリのない学芸会のような結婚式になる可能性もあります。


人前式結婚式では、式のコンセプト、滞りのない演出、メリハリのある進行と
カップルの希望や費用を考慮してくれるブライダルコーディネーターの協力が
必要不可欠です。

スポンサードリンク

Copyright 2006〜now ブライダルコーディネーター All Rights Reserved.