スポンサードリンク

ブライダルコーディネーター トップ>結婚式5大スタイル > 海外ウエディング

海外ウエディング

海外での結婚式は日本国内では考えられないロケーションのなか結婚式が
挙げられるうえハネムーンを兼ねて行えるということで人気があります。


海外ウエディングで有名なのはやはりハワイです。これでもかというくらい魅力的
なロケーションを持つ教会がごまんとあります。また、言葉に苦労しなくてすむのが
海外ウエディングのハワイ人気を支える理由でもあります。


ハワイ以外では東南アジアのリゾート地やオーストラリア、ニュージーランド、アメリカ
や一部ヨーロッパなどが受け入れ態勢が整っているといえます。


海外ウエディングを成功させるためにはまず、その国について多少なりとも知識が
あること、二人で訪れたことのある思い出の土地であること。言葉や食事の面で
不安がないことなどの条件が必要です。


ただでさえ海外で結婚式という慣れないことをして心身ともに緊張しているのに
言葉や食事といった面まで気苦労が付きまとうとそれだけでいっぱいいっぱいに
なってしまいます。


初めて訪れる憧れの土地で結婚式をあげるのもいいですが、等身大の場所を選ぶ
のが海外ウエディングを成功させるうえでとても重要なポイントになります。


海外ウエディングを成功させるポイント


■ 結婚と宗教

海外では日本と比べ宗教が生活に密接関わっていて結婚も例外ではありません。
海外で結婚式を挙げる場合ほどんどが教会で行われるでしょうから教会の宗派
カソリック系かプロテスタント系事前にしっかり把握しておく必要があります。


基本的にカソリック教会の場合、信者でなければ結婚式を挙げることはできない
ので比較的戒律の緩いプロテスタント系の教会で結婚式をあげることになります。


気をつけたいのは教会は結婚式場ではないということ。マナーが悪ければ教会から
追い出され使用禁止になることもありえます。教会はあくまで神聖な場所なのです。


■ フォーマルな結婚式・ブレッシング形の結婚式


フォーマルな結婚式というのは現地の法律で認められ、日本の戸籍にも記載される
もので、入籍していないのが条件です。


ブレッシング形の結婚式というのはブレッシング(祝福)というようにお祝いするのが
メインの法的な効力のないもので、日本で入籍を済ませているのが条件になります。


基本的に海外の教会でおこなう日本人の結婚式はブレッシング形の結婚式が多く
なります。

スポンサードリンク

Copyright 2006〜now ブライダルコーディネーター All Rights Reserved.