スポンサードリンク

ブライダルコーディネーター トップ>結婚コラム > マリッジブルーというもの

マリッジブルーというもの

マリッジブルーとは「マリッジ(結婚)」+「ブルー(憂鬱)」の複合語で、結婚準備
に追われる新郎新婦が急に結婚に対して心配になったり、不安になり結婚するの
をやめたくなるほど気分が滅入ってしまうことです。


このマリッジブルーですが、「結婚式まであと○日♪」と指折り、待ち望んでいる人
には何を悩んでいるのかさっぱりわからないことですが、実際にマリッジブルーに
なってしまうとそれは深刻で、最悪の場合、結婚中止ということもありえることです。


マリッジブルーは男性、女性ともに陥る症状で、女性の場合は結婚準備の予想外
の忙しさや新婚生活に対する不安(家事がうまくこなせるかなど)からなります。


対して、男性の場合は独身を謳歌できなくなる寂しさ、夫、父親となって経済的
にも精神的にも家族を支えていけるかといった重圧が原因でマリッジブルーに
なるともいわれています。


結婚によって自分を取り巻く環境が大きく変わってしまうことに不安を感じることは
男性、女性ともに変わりませんが、女性の場合は結婚準備の段階で男性の結婚
に対する姿勢に疑問を感じてしまい、不安が一気に増大していまうということがよく
あるようなのです。


例えば、女性からの結婚準備に関する相談に対して


「適当でいいんじゃない?」
「よくわかんないから決めといて」
「なんとかなるっしょ」


などとぶっきらぼうな返事をされてしまうと二人の結婚式なのに彼は全然やる気
がない、一生の一度の結婚式なのに適当にこなそうとしているなど、一人頑張る
自分がむなしくなってしまい、一人悩みを抱えて、塞ぎこんで考えてしまうのです。


男性も仕事が忙しいなど色々理由はあると思いますが、二人であげる結婚式なの
ですから、きちん相談に乗り、協力しなければいけません。


マリッジブルーを改善させる特効薬はありませんが、肝心なのは悩みを一人で
抱え込まないことです。


昔は結婚する二人の相談役としての仲人さんがおり、色んな相談に乗ってくれ
ましたが、最近は仲人さんをたてることが減ってきているのが現状ですので、
すでに結婚した友人や兄弟姉妹、もちろん両親など打ち解けて話せる相手に
相談するのが一番良い方法ではないでしゅうか。


結婚に関しての自分の常識、当たり前だと自分では思っていたことが、相手に
とっての当たり前の価値観とは違うということで悩んでしまうことはあります。


結婚という「かたち」に疲れてしまうということもあるので、そんなときは結婚準備
をひとまず横において二人の心を確認しあう時間を取ることが必要でしょう。

スポンサードリンク

Copyright 2006〜now ブライダルコーディネーター All Rights Reserved.