スポンサードリンク

ブライダルコーディネーター トップ>結婚コラム > ジューンブライド

ジューンブライド

ジューンブライドという言葉は、結婚式に関してよく聞かれる言葉だと思いますが、
「6月に結婚した花嫁は幸せになれる」というヨーロッパからの伝承ということは
ご存知でしょうか?


ジューンブライドの由来はさまざまな説があり、いくつかその由来をあげると


有名なものではローマ神話における6月の神、女神ジューノ(英語ではジューン)
すなわちJuneが、結婚と出産をつかさどる女神であることから、それにあやかり
この女神の月に結婚すれば、花嫁は幸せになるだろうとする説があります。


また、ヨーロッパの6月は1年の内で最も雨が少なく天候が安定している時期で
あるため、天気の良さも手伝い、若い二人が結婚して新しい生活をはじめるには
もってこいの季節であるという季節的環境が影響しているとも言われます。


ヨーロッパでは6月は農耕作業が一段落する時期でもあり、キリスト教の復活祭
も行われることから、6月は全体的に祝福ムードで溢れ、その勢いでなんてこと
も考えられます。


今でもヨーロッパではジューンブライド信仰は健在で6月に結婚するカップルは
やはり一年を通して一番多いそうです。


ヨーロッパで良いといわれるものは何でもよいものとして受け入れてしまう日本人
はもちろんこのジューンブライドを参考にして6月に結婚するカップルは大勢います。


しかし、日本の場合だと6月はちょうど、梅雨の真っ最中で、雨はしとしと、湿気で
じっとりしてとても結婚式に適した時期とは言えません。


なのに日本でもこんなにジューンブライドが定着しているのは、その昔、この梅雨
の時期でも、なんとか集客をと考えたブライダル関係者がヨーロッパで人気がある
ジューンブライドの言い伝えを利用したことがはじまりだともいわれています。


(実際、ジューンブライドの言い伝えが広がるまで6月に結婚式を挙げるカップルは
少なかったようです。)


バレンタインデーにチョコレートを組み合わせて儲けているチョコレート関連の企業
にも相通じるところがありますが(笑)こんなことがあったんですね。


いずれにせよ、ジューンフライドに憧れて6月に結婚式を行うカップルが日本でも
増えることになりました。


ただ梅雨のなか結婚式に参列する側にとっては結構な負担になりますので、
自分達の都合ばかり気にするのではなく参列者への心遣いは忘れないでいたい
ものです。

スポンサードリンク

Copyright 2006〜now ブライダルコーディネーター All Rights Reserved.