スポンサードリンク

ブライダルコーディネーター トップ>結婚コラム > 日本の結婚式の歴史

日本の結婚式の歴史

結婚のスタイルというものは、時代の流れと共に変わっていくようになっています。
日本の場合、結婚式のスタイルに大きな変化が見られるようになったのは、欧米
の文化が取り入れられるようになった明治維新以降です。


明治に入り、結婚のスタイルで変わったことは以下のようなことです。


○ 自宅以外で結婚式を挙げるようになったこと

○ 明治中期に行われた皇太子(後の大正天皇)の史上初の神前結婚式


日本人の結婚というとそれまでは自宅でおこなわれるという形が一般的であり、
決まった式次第もなく親戚縁者が集まり、三日三晩宴を繰り広げるものでした。


この日本人の結婚観に一石投じたのが皇太子(後の大正天皇)の神前結婚式で
あり、神の前で結婚の誓いを立てるという厳かな結婚式の形はその後の一般人
の結婚式のスタイルとブライダル業界の発展につながる結果となりました。


結婚式が神社で行うようになるにつれ、披露宴の場所も自宅以外のホテルなどが
好まれるようになり、ホテルが披露宴を行う場所としての認知度があがりました。


その後関東大震災の影響で神社が崩壊したことが重なり、神社の代わりにホテル
が結婚式も行えるよう整備をはじめ、これ以降、結婚式・披露宴といえばホテルと
いうスタイルが定着していきました。


その後は承知のとおり、ホテル以外にも専門の式場や公共施設が誕生、最近では
従来の型にはまった結婚式・披露宴ではなく、個性的な演出がしたいというカップル
が増えたため、レストランやゲストハウスを結婚式・披露宴の会場することも増えて
います。


オリジナルウエディングがさかんになり、個別のニーズにこたえられるように結婚を
プロデュースする会社もでてくるようになったわけです。

スポンサードリンク

Copyright 2006〜now ブライダルコーディネーター All Rights Reserved.