スポンサードリンク

ブライダルコーディネーター トップ>ブライダル業界・スクール > ブライダルスクールの選び方

ブライダルスクールの選び方

ブライダルスクールは有名・無名なものをあわせて、全国各地に数百校とあり、
通信講座を含めるとその数はさらに増えるはずです。


ブライダルスクールが実際にこれだけ多いと、ブライダルスクールを選ぶ際になって
どこのブライダルスクールに通えばいいのか、どのブライダルコーディネーター養成
講座がいいのか混乱してしまうこともあります。


数あるブライダルスクールからどこのスクールを選べばよいのでしょうか?


■ ブライダルスクールの選び方


ブライダルスクールの選ぶ基準は至って簡単で「自分の身の丈にあったものを選ぶ」
ということで、これが一番の基本になるはずです。


ブライダルスクールには通学タイプと通信講座タイプの2つがあります。まずは自分
の今置かれている環境を振り返ってどちらが自分に適しているか考えましょう。


通学タイプの場合は、まず自分の通える範囲にブライダルスクールがないと通う
ことはできませんし、また近くにブライダルスクールがあったとしても講座の時間が
合わなければ通うことはできません。


仕事が終わってからブライダルスクールに通おうとしている人には講座の時間帯
は結構重要な問題になります。


それでは時間と場所を選ばない通信講座はどうかというと、確かに自分の自由な
時間で場所を選ばずに学ぶことができますが、通学タイプの方が内容の濃い授業
を受けているんではないかという気にもなりますし、自分で時間を作って勉強する
ため、甘えが出てしまい、中途半端になることも考えられます。


自己管理に甘く、自分で勉強できない人は通学して学んだほうがいいでしょう。


■ ブライダルスクール選びで重視する点


以下のことは必ずチェックするようにしましょう。


○ ブライダルスクールの費用(入学金・授業料)

○ ブライダルスクールの受講期間(3ヶ月〜2年)*短期集中講座と専門学校の違い 

○ 民間ブライダルコーディネーター資格試験への受検資格が得られるかどうか

○ ブライダル業界への就職率         


特に最後のブライダル業界への就職率は肝心です。ブライダルスクールに入学する
のはブライダル業界に就職するためなのですから、ここがズレていると後々後悔する
ことになります。


ウエディングプロデュース会社提携のブライダルスクールだと卒業後、そのまま就職
できるということがありますので、自分が就職したいホテルやウエディングプロデュース
会社が主催するスクールや目的の職場への就職率が高いブライダルスクールに入る
のも一つの手です。

スポンサードリンク

Copyright 2006〜now ブライダルコーディネーター All Rights Reserved.