スポンサードリンク

ブライダルコーディネーター トップ>ブライダル業界事情 > 21世紀に生き残るブライダル企業

21世紀に生き残るブライダル企業

ブライダル業界のみならず、ほとんどの業界・企業においてもここ数年大きな変化
を迎えています。


多くの人にいわれているように今後、生き残りをかけた熾烈な競争がブライダル
業界にも起こり、業界の再編成がおこるとも言われています。


21世紀になってから時代の流れ、トレンドの変化というものが非常に早く感じ
られるようになりました。


そのなかでは今日の常識は、明日の非常識ということも今では何ら不思議なこと
ではありません。


こうした時代に求められるのは、やはりスピードということになるでしょう。


インターネットの利用によってあらゆる情報がオープンになったこと、情報の垣根が
なくなったことで、新たな商品・サービスが登場すればあっというまに世間に知れ渡り
認知されるようになりました。


新参者も流れを掴めば一気に全国区の知名度を得られる環境になっているのです。


ブライダル業界でいえば実際、比較的小規模の新興ウエディングプロデュース会社
が業界大手のホテルやブランドのある老舗ブライダル会社に競り勝つこともあります。


それは大手や老舗の企業が過去の成功体験を引きずったまま旧態依然とした営業
を続けており、すでに変わってしまった顧客のニーズに応えることができていないこと
に対して新興勢力が時代の流れをつかんで顧客のニーズに応えた商品とサービス
を提供しているからにほかなりません。


大手や老舗と言えどもいつまでもそのブランド名に頼ったままで商売が続けられる
ほどこれから先は甘くないということです。


ブライダル業界では現在ウエディングに対する顧客の要求に応えるためブライダル
スクール事業やコンサルティング事業 ブライダル関連事業へのスタッフの派遣
事業などの従来なかった新しい事業、スタイルが次々とでてきています。


バブル崩壊以後、市場全体が縮小しているブライダル業界において生き残るためには
常に時代の流れを先読みして、急激に変化する顧客のニーズを掴み、求められる商品と
サービスを提供するために変革を恐れずチャレンジすることが何より求められます。

スポンサードリンク

Copyright 2006〜now ブライダルコーディネーター All Rights Reserved.